Bean-throwing ceremony (節分)

節分ですね。と、いっても本来は季節の変わり目、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいうので、年4回有るんですよね。
豆まきは、もともと中国からの風習が広まったものです。季節の変わり目に生じると考えられた邪気(鬼)を追い払う為に鬼は外!福は内!!と言いながらまきますが、皆さんのおうちではもうまきましたか?

恵方巻きは元々関西の風習が広まったものなんですが、無病息災や商売繁盛を祈っていただきます。コロナウイルスやインフルエンザも1日も早く終息するよう祈りながら、美味しく頂きたいと思います。
本日チェックインのお客様にはお豆をお配りしています。無病息災を祈りながらお召し上がりください。

During Setsubun, children can throw roasted beans about the house to ward off evil spirits and other misfortune.
In some families, an adult might put on a devil’s mask and approach the children. The devil is pelted with beans until he leaves.