京都・伏見、そして・・・。

| コメント(0) | トラックバック(0)

20080128.jpg寒いです。寒くなると京都に行きたい飲兵衛です。かの清少納言さんも『枕草子』で「冬が一番」と言うてはります(ホンマかいな)。というわけで大阪から一番近い伏見へ行ってきました。京阪・中書島に降り立つと、凛とした冷気がほほに気持ちいいです。まずは京都ですからお寺さんへ。この界隈にもたくさんありますが、弁財天の建長寺へお参り(ご利益あるとええなあ)、小さいながら唐門が立派で迫力あります。次は坂本竜馬の『寺田屋』へ(竜馬人気はますます熱いぜよ)、今でも営業しているのはえらいなあ。三十石舟の乗り場がきれいに整備されているのには驚いた。残念ながら冬場は営業していないそう。伏水が各所で沸いているのはうれしいなあ。柔らかくて甘い!そして最大の目的酒蔵へ。月桂冠の『大倉記念館』では昔の酒造りを垣間見れて楽しいし、お楽しみ試飲では「ここでしか飲めない」という大吟醸を頂きました。黄桜の『カッパファクトリー』でのジオラマは必見です。締めは伏見の全蔵が揃うという『油長』へ。お土産でも店内での飲み比べもできます。う~ん、充実の一日でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://117.20.102.62/cmt/mt-tb.cgi/2583

コメントする

このブログ記事について

このページは、ステーションホテルが2008年1月28日 10:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海苔巻き?」です。

次のブログ記事は「社員旅行」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。